水晶体を削るレーシックの施術

近視の原因はいくつかあります。目を酷使することで近視になる人もいますし、また遺伝的に近視になる人もいます。原因はいくつかあるのですが、どの場合でも水晶体が大きく影響していると考えられるのです。
水晶体は光を屈折させる部分で、この部分がうまく調整される事で正常にものを見る事ができるのですが、それがうまくいかなくなる事が近視の原因だと考えられているのです。
角膜の調整がうまく行かずに、網膜上に映るはずの映像が、網膜よりも手前で像を結んでしまうのが近視です。水晶体の屈折が強すぎるために、正常な状態に比べると網膜の手前で像を結んでしまうということになります。レーシックではこの部分を調整することになります。
具体的には、水晶体を削るということになります。水晶体を削って、屈折が正常に行われるようにするのです。そうする事によって、水晶体の屈折力が正常に戻され、網膜上で像を結ぶ事ができるようになるのです。
水晶体を削るというと、非常に大変な技術だと感じるかもしれませんが、この点はコンピュータによって正確に行われる事になりますから安心です。また、レーザーを用いて削る事になりますから、安全性も確保されていると言えるでしょう。